sowaka women's health clinic

MENU

美容皮膚科

beauty dermatology

肝斑

肝斑は頬・額・口の周りに好発する左右対称の色素斑で、一般には妊娠出産を機に出現し、多くは30歳前後から始まることが多いです。
紫外線や摩擦(クレンジングやスキンケア、マッサージ、マスク着用など)によって悪化し、それらを避けることで改善することがあります。
治療としては、トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEの内服、ハイドロキノンの外用を中心におこないます。その他、症状や経過に応じてケミカルピーリングやトラネキサム酸のイオン導入を併用する場合もあります。
低用量ピル内服中、血栓傾向がある、妊娠中など、トラネキサム酸の内服ができない方にも可能な治療法を組み合わせてご提案させていただきます。
一度肝斑が改善しても治療を休止すると再発することが多いのも特徴の一つです。再発を避けるため悪化原因を推測し、日常のケアについてもそれぞれのかたに合わせてアドバイスさせていただきます。

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング)

サリチル酸マクロゴールピーリングは、皮膚の深部に吸収されることがなく、厚くなった不要な角層のみを安全に取り除くことができるピーリング剤です。
そのため、従来のピーリング剤と比べて、施術後に皮膚の赤み・炎症といった肌の副作用がでることがほとんどなく、古くなった角質や毛穴に詰まった汚れを取り除き、美しいお肌へと導きます。

効果

  • ニキビ発生の原因となる毛穴のつまり(コメド・面ぽう)を取り除き、炎症性のニキビ(赤ニキビ)を改善し、さらに新しいニキビができにくくする効果が認められています。
  • 厚くなった角質によるくすみや、︎頬や鼻の目立つ毛穴にも効果がみられます。
  • 皮膚のターンオーバーを促すことで、光老化をおこした皮膚を再構築し、皮膚の若返りや、小じわ、色素斑(シミ、そばかす、肝斑)、キメの改善が期待できます。
  • ピーリング後の皮膚は、その後に使用する美容成分が大変浸透しやすい状態となり、普段お使いの美容液などの効果を高めてくれます。また、ピーリング後にイオン導入を行うとビタミンCやトラネキサム酸などの浸透が高まり非常に効果的です。

こんな方におすすめ

ニキビ・くすみ・毛穴の目立ち・キメの乱れ・小じわ・色素斑(シミ、そばかす、肝斑)・二の腕の毛穴(毛孔性苔癬)など

施術のながれ

クレンジング・洗顔をした状態でピーリング剤を塗布し5分間おいて除去します。その後、流水で洗い流し、クーリングを行います。
*ご希望によりイオン導入をします。ケミカルピーリングとイオン導入を併用することで高い美容改善が期待できます。

1回でもキメ・くすみの改善効果はみられますが、ニキビや毛孔性苔癬の治療につきましては月1回の施術を5回以上継続することをお勧めしております。

施術に注意が必要な方

以下に該当される方や心配な方は担当医にご相談ください

  • 日焼けをしている方、紫外線対策が十分にできない方
  • 化粧品にかぶれやすい、肌が赤くなりやすい方
  • 免疫不全や他の疾患で治療中の方
  • 口唇ヘルペスや、施術部位に傷がある方
  • ケロイド体質の方
  • アスピリンアレルギーの方

妊娠中は皮膚が敏感になる場合がありますので、妊娠中・授乳中の方で施術をご希望の場合は診察時にご相談ください。
ご不明な点やご不安なことがあれば遠慮せずに皮膚科医、産婦人科医にご質問ください。

マッサージピール

イタリア発祥のPRX-T33というピーリング剤による医療機関のみで受けることのできる施術です。非常に強いピーリング剤であるTCA(トリクロロ酢酸)を、低濃度の過酸化水素と特別な組成で配合することで、肌表面へのダメージを最小限に抑え、ピーリング剤を皮膚の深層(真皮)まで浸透させることで、まるでレーザー施術を受けたかのように肌を若返らせることが期待できます。

効果

  • TCAが真皮に浸透することでコラーゲンの生成を促し肌のハリやツヤを向上させ、たるみ毛穴を引き締めます。
  • 美白剤であるコウジ酸を同時に浸透させることで、施術を重ねるたびに美白効果も得ることができます。
  • お顔だけでなく、首や手の甲など加齢による変化が目立つ部分のアンチエイジングにもとても効果的です。

こんな方におすすめ

お顔のたるみ毛穴・小じわ・くすみ・加齢や光老化による肌の衰え・首やデコルテ、手の甲のアンチエイジング

施術のながれ

クレンジング・洗顔をした状態でピーリング剤を塗布し、マッサージをしながら浸透させていきます。その後、ピーリング剤を拭き取り、クーリングを行います。専用の保湿クリームを塗布して保湿をおこないます。
*ご希望によりイオン導入をおこないます。イオン導入を併用することでより高い美容効果が期待できます。

1回でも肌のハリ感やツヤの向上、トーンアップを実感していただけますが、3〜4週間に1度の施術を5回ほど繰り返すことで真皮のコラーゲン産生と美白効果をより高めることができます。

起こりうる副反応

施術中:ヒリヒリとした痛み、赤みが出ることがあります。
ダウンタイム:施術直後からメイクが可能です。ダウンタイムはほとんど無い場合が多いですが、皮膚の薄い方や敏感肌の方は、数日間、皮剥け・かさぶた・一時的な色素沈着がおこる場合があります。

施術に注意が必要な方

以下に該当される方や心配な方は担当医にご相談ください

  • レチノイン酸(トレチノイン)を使用されている方は2週間前から中止してください
  • アートメイクをしている方は色が薄くなる可能性があるので薬液がつかないように施術します。必ずお申し出ください。

施術が受けられない方

  • 皮膚炎や感染が疑われる炎症があるとき
  • 口唇ヘルペスの治療中の方
  • コウジ酸に対するアレルギーの方

妊娠中は皮膚が敏感になる場合がありますので、妊娠中・授乳中の方で施術をご希望の場合は診察時にご相談ください。
ご不明な点やご不安なことがあれば遠慮せずに皮膚科医、産婦人科医にご質問ください。

イオン・超音波導入

イオン・超音波導入は、塗っただけでは肌の中まで浸透しづらい成分を微弱な電流や超音波の力で皮膚の中まで浸透させる施術です。美白効果の高いビタミンCやトラネキサム酸、ハリ感や小じわに有効なビタミンAやペプチドなど、有効成分を効率的・効果的に肌の奥まで浸透させることができます。
ケミカルピーリングやマッサージピールと組み合わせていただくと、乾燥を防ぎ、より高い美容効果を実感していただけます。

ダーマペン4

ダーマペン4は、極細針で皮膚に毎秒約2000個の微細な穴を開けることができるマシンです。
今までのフラクショナルレーザーやダーマローラーと比較して皮膚のダメージを最小限に抑え、皮膚自体が持つ修復機能でコラーゲンやエラスチンの産生を促します。肌自体が自然と若返る効果で、肌のハリや肌質を改善させ、凹凸のない滑らかな肌へと導きます。
さらに、皮膚表面に開いた高密度の穴により薬剤の浸透が大幅にアップするため、美容成分が肌の奥まで直接届き、より高い効果が得られます。症状やご希望に応じて塗布する薬剤を変えることで、自分がなりたい肌へと近づくことができます。

効果

  • ニキビ跡や毛穴などの凹凸の改善・小じわやたるみに対する肌の若返り・美白

こんな方におすすめ

毛穴の開き・ニキビ跡の凹凸・小じわ・たるみ・くすみ・二の腕の角化(毛孔性苔癬)・妊娠線など

施術のながれ

麻酔クリームを塗布し、約30分間お待ちいただきます。
麻酔薬を拭き取り、美容液を患部に塗布後ダーマペンを当てていきます。
施術中はヒリヒリ感、赤みがでます。
針の深度を深く設定する場合には軽度の出血がみられます。
その後、美白または成長因子のパックで患部のクーリングを行い、止血確認後、終了となります。

所用時間

全顔で約1時間

針深度の設定

浅い:美肌(キメ・ハリ・ツヤ改善)、美白、毛孔性苔癬
深い:ニキビ跡、毛穴のたるみ・開き、小じわ、妊娠線

起こりうる副反応

針の深度が浅い場合:直後~翌日まで、多少の赤み、ヒリヒリ感が起きることがあります。
針の深度が深い場合:直後から赤み、ヒリヒリ感がでます。部位によって皮下出血や点状の微細なかさぶたが5~7日程度残る場合があります。

施術の間隔・回数

針の深度が浅い場合:2~4 週間毎
針の深度が深い場合:4~6 週間毎
1回でもハリや肌質の改善がみられますが、5 回ほど繰り返すとより高い効果を実感していただけます。
2 週間目以降であれば、ピーリングなど他の施術は可能です。

施術後の注意点

  • 当日は専用の保湿剤と日焼け止め(ご希望があれば専用のファンデーション)でお仕上げをしてご帰宅いただきます。施術の12時間後から洗顔、スキンケアが可能となります。メイクは翌日から可能です。
  • 当日は激しい運動や飲酒はお控えください。
  • 体質によって、稀に軽度の腫れや色素沈着を起こす可能性があります。
  • 施術後は乾燥しやすい状態となっておりますので保湿はこまめに行ってください。また日焼け止めを使用して紫外線対策を十分に行って下さい。
  • ニキビ治療でピーリング効果のある外用薬を使用されている方、グリコール酸、サリチル酸、トレチノインやレチノール、ハイドロキノンなどを使用されている方は刺激が出やすいことがあるので施術の1週間程前より使用を控えて下さい。気になる方はお肌状態を拝見させていただきますのでお申し出ください。

施術が受けられない方

  • 麻酔薬のアレルギーのある方
  • 皮膚炎や感染による炎症がある方
  • ケロイド体質の方
  • 単純ヘルペス治療中の方
  • 出血傾向で毛細血管が目立つ場所

ボトックス注射

ボトックス注射はボツリヌストキシンAを表情筋に注入することで筋肉の動きを緩め、加齢や表情のくせによって刻まれる表情じわを予防・改善する治療です。
ボトックスはボツリヌス菌の生成する「ボツリヌス毒素」を分解・精製したものです。製剤にはボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれていません。
注射後2日~3日頃から徐々に効果を感じ始め14日程で最大の効果が見られるようになります。
注射後、2週間ほどで再来していただき、 効果を確認させていただきます。(足りない部分を追加することも可能です)
効果は3〜5ヶ月程度持続し、その後は自然に元の状態に戻ります。

効果

眉間の縦じわ・額の横じわ・目尻のしわ・オトガイ(あごの梅干しじわ)バニーライン(鼻の斜めじわ)・ガミースマイル(笑った時に歯茎が見えるのを抑える)・エラ(小顔・噛み締めの防止)・肩(肩こりの改善)・ワキ(制汗)

選べる製剤の種類

当院ではボツリヌストキシン製剤として、アラガン・ジャパン社のボトックスビスタと、韓国Hugel社のボツラックスを取り扱っておりますので、ご希望により選んでいただけます。

1. BOTOX VISTA  ボトックスビスタ 
日本で唯一、厚生労働省が承認したアラガン社製のボツリヌス治療製剤です。日本基準での、安全性が評価され、厳しく品質管理されています。

2. BOTULAX ボツラックス  
ボトックスビスタと同様、A型ボツリヌス製剤です。KFDA(韓国食品医薬品安全庁)に承認された効果と安全性の高い製剤です。ジェネリック薬品(後発品)に相当するため製剤の価格がボトックスビスタよりも安く、その分治療費用を抑えられます。

施術のながれ

非常に細い針で顔の特定の筋肉にボトックスを注射します。
所要時間は通常15分前後です。
痛みや不快感を生じることがありますが、必要に応じて冷却又は麻酔クリームで痛みを和らげることも可能です。
施術後は当日から洗顔・メイクも可能となりますが、つよく揉んだりこすったりしないようにご注意ください。

起こりうる副反応

  • ボツリヌストキシンの効果がの出方には個人差があり、まれに強く出てしまうことがあります。額の場合、まぶたが重い感じがし、目が開きづらくなることがあります。
  • 施術後多少赤みや腫れが残ることがありますが、通常その日のうちに落ち着きます。
  • まれに腫れが強く出たり、内出血を起こしたりすることがあり、その場合目立たなくなるまで 1~3 週間かかることがあります。

施術が受けられない方

  • 全身性の筋肉の病気(筋萎縮性側索硬化症[ALS]重症筋無力症、ランバード・イートン症候群など)にかかっている方
  • 妊娠中・妊活中・授乳中の方(ボトックスの最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。)
  • 眼瞼下垂のある方は額のボトックス注射は適応となりません
  • 過去にボツリヌス治療を受けてアレルギーを経験した方

他の医療施設にてボツリヌス製剤で治療を受けている場合は、投与日・投与量を必ずお申し出ください。

美容点滴

美肌・美白点滴

  • トラネキサム酸・・・抗プラスミン作用(抗炎症作用)により美白作用を発揮し、シミや肝斑をふせぎます
  • グルタチオン・・・強力な抗酸化作用により、紫外線や加齢に伴う老化をふせぎ、メラニン色素生成の抑制など、美しく透明感のある肌をキープします
  • ビタミンC・・・抗酸化作用・コラーゲン生成促進作用によってシワ・たるみなどを防ぎ、ニキビの悪化も予防します。また、メラニンが生成される経路の2箇所をビタミンCがブロックすることで美白作用を発揮します
  • Lシステイン・・・メラニンの元となるチロシナーゼの生成と活性を阻害して肝斑やシミを予防します
  • 所要時間:約30分

マルチビタミン点滴

  • ビタミンB群・・・皮膚や粘膜の健康を維持する作用があり、ニキビ予防や美肌の維持にも効果が得られます
  • ビタミンC・・・抗酸化作用・コラーゲン生成促進作用によってシワ・たるみなどを防ぎ、ニキビの悪化も予防します。また、メラニンが生成される経路の2箇所をビタミンCがブロックすることで美白作用を発揮します
  • その他各種ビタミンをバランス良く含んだ点滴によって、美肌の維持や、エネルギー産生の促進、脳の働きを活性化することができます
  • 所要時間:約30分

ダイエット点滴

  • αリポ酸・・・糖代謝を促進して体脂肪の増加を抑制するといわれています。ダイエットだけでなく、抗酸化作用による若返りにも効果を発揮します。
  • L-カルニチン・・・体内の脂肪を燃焼し、エネルギーとして使われやすくする効果があります。
  • ビタミンB群 糖質の代謝を促すことでエネルギーを生産し、疲労物質の蓄積を防ぎます。
  • 所要時間:約30分

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、経口内服に比べ血中濃度を効率よく高めるため即効性があります。美白などの美肌効果はもちろん、ニキビの改善、アンチエイジング、免疫機能の強化など様々な効果が期待できる点滴療法です。
初回:ビタミンC 12.5g 2回目以降:ビタミンC 25g
所要時間:約60分

  • <ビタミンCの効果>
  • ①肌の美白
    シミの原因であるメラニンの生成を抑制し、美白効果が高く、シミや肝斑の改善が期待できます。
  • ②ニキビケア
    皮脂の過剰分泌を抑制し、ニキビの改善や予防効果が期待できます。
  • ③シワ、たるみの改善
    コラーゲンを生み出す繊維芽細胞を刺激することで、コラーゲンの生成を促進します。
  • ④アンチエイジング
    がん治療にも効果が期待される高濃度ビタミンCの抗酸化作用は、老化の原因となる活性酸素から肌や体を守り、疲労回復効果が期待できます。
  • ⑤免疫機能の強化
    体内のウイルスや細菌とたたかう白血球機能の強化が期待できます。
  • <注意点>
  • 点滴部の痛みや発赤 、内出血
    刺入部の内出血が起こることがあります。血管痛は点滴の速度を遅くする、点滴刺入部を温めるなどで緩和されます。
  • 吐き気、頭痛
    点滴の速度を遅くすることで緩和されます。
  • 眠気
    一時的にビタミンCの抗ヒスタミン作用で眠気を感じることがあります。
  • 結石
    ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られていますが、高濃度ビタミンC点滴療法では結石はできにくいと言われています。
  • 溶血
    まれにG6PDという酵素が欠損している遺伝性疾患の方は赤血球が壊れることがあります。25g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合は事前のG6PDの検査が必要です。
  • 低血糖
    血糖値が下がりやすくなるため、空腹で点滴を受けるのはお控えください。
WEB予約